Q.金属アレルギーではシルバーアクセは着けられませんか?

A.
金属アレルギーについて
まずは私の経験から、推測したお話をします。

まず金属アレルギーにもいろいろな種類があるようです。

何人か会ったことがあるのですが、シルバーアクセは平気なのに金はアレルギー反応が出るという方がいます。
金は24金が金100%です。
一般的な18金、これは約75%が金ということになります。

シルバーアクセは925が一般的。
つまり92.5%が銀です。

つまり18金よりシルバーアクセのほうが混ぜ物が少ないのです。

ですから私は金はダメなのにシルバーアクセは平気という方は金ではなく混ぜ物に反応してるのではないかと考えています。
24金でも反応が出る場合は明らかに金が原因ですが・・・。

自分は金アレルギーではないかと思っている方は参考にしてみて下さい。

次に他の店で買ったシルバーアクセはアレルギーが出たのに、当店の商品は平気だったという方がいらっしゃいます。
これは1人、2人ではなく何人もあったことがあります。
何故でしょうか?

先程も言いましたがシルバーアクセはほとんどが925です。
つまり7.5%が混ぜ物です。
ここに原因があるのではないかと私は考えてます。


産地で銀の質が違うのでは?と意見も聞きましたが同じ銀ですからそれは考えにくいかな?と思います。


で、その混ぜ物ですが今は銅が多いと聞いています。
しかし以前はニッケルなどが使われていたそうです。
現在ではニッケルは「金属アレルギーの王様」と言う人もいるような金属だとわかってきたので使用は減っているようですが、法で禁じられてる訳ではありません。

もしニッケルが使われていたら?

これが一つ。

さらに推測をしてしまうと925より純度を減らしてる可能性があります。
ということは混ぜ物が増えます。
しかし、銀と銅では色が全然違うので銅だけ増やす訳にはいかないでしょう。
そこで色味の近いニッケルを使っていたとしたら・・・

後日この推測を確信に変える話を日本のキャスト(鋳造)屋さんから聞いてしまいました。
14金の割金にニッケルを使っていると・・・。

14金ということは約40%も割金を使うんですよ。

日本のキャスト屋さんですらニッケルを未だに使うところがある・・・。
インポートなどはもっとわかりませんね・・・。

他のシルバー屋さんが割金に何を使ってるかまで知りません。
そこは信頼関係・・・です。

先日いらした常連さんも他のお店で買ったシルバーは荒れたけど当店のものは大丈夫だとおっしゃっていました。
同じ銀です。
違いは何か?
やはり割金なのではないでしょうか。

このような事態を避けるのはどうしたらいいか。
結局は自分に合ったお店を探し信用できないお店は避けること、それが一番だと思います。

銀、金が自分にアレルギーの原因と思っている方もこの知識があれば着けられるアクセサリーが見つかるかもしれません!
シルバーアクセが好きな人にはシルバーアクセを。
ゴールドが好きな人にはゴールドを!