Q.先日シルバーアクセを購入したのですが、「Silver」の刻印も「925」の刻印もないことに後から気がつきました。
 お店に問い合わせたところ頑なに銀だと言い張られました。刻印がないものは銀ではないですよね?

A.
これは誤解されている方が多いと思います。
恐らく多くの方は「シルバー協会」のようなものがあって、そこで厳密に審査されて認められたものだけに
「Silver」や「925」の刻印が入る、そんなイメージを持たれていると思います。
それは全く違います!そんな団体は存在しません・・・。
実は上記の刻印を打つのはその商品を作った会社やデザイナーなのです。
各々でそれらの刻印を作り所持しています。
自分が作った物は間違いなく「銀」でできていますよ、という意味合いで打つのですが逆に入っていないからと言って
銀ではないということにはならないのです。
「某有名ブランドでは商品に刻印を打たない」などという話も聞いたことがあります。
又刻印ではなくサインや原型のワックスの段階で彫っているものもあります。

もし自分のシルバーアクセが本当にシルバーなのか確認したい場合は
目立たない箇所を硫化させてみるのが一番良いと思います。

銀は硫化すると必ず黒くなります。
彫金ショップなどでいぶし液が購入できますので、それを爪楊枝につけてチョンチョンと当ててみるといいでしょう。
ただ最近は銀の上からメッキ加工をしているものなどもありますので、
反応しない場合はやはり購入したお店に問い合わせてみるのが一番だと思います・・・。